人気記事
【東京都知事選挙】「田母神さんの公約が凄!!」と話題に(2024)
スポンサーリンク

【田母神 俊雄(たもがみ としお) 東京都知事選挙 出馬へ記者会見】

◉東京都を災害に強い都市へ

◉東京都を国家の自立の中心都市へ (自虐史観教育の廃止)

◉大麻の用途限定解禁へ

◉都民への減税

◉ソーラーパネル義務化廃止と縮小

◉外国人への生活保護や補助金の見直し

◉パンデミック条約やワクチン強制とLGBTに反対

PR

田母神 俊雄は、日本の航空自衛官、軍事評論家、政治活動家。第38代航空総隊司令官、第29代航空幕僚長。最終階級は航空幕僚長たる空将。 航空自衛隊退官後、太陽の党代表幹事兼国民運動本部長、次世代の党副代表を歴任。予備役ブルーリボンの会顧問、「日本をまもる会・大東亜聖戦大碑護持会」会長。 ウィキペディア

スポンサーリンク

田母神俊雄さんの公約は、様々な観点から注目を集める内容となっています。以下に、公約の詳細とその影響について解説します。

1. 東京都を災害に強い都市へ

インフラの強化
-耐震化の推進:老朽化した建物やインフラの耐震化を進めるための補助金や低利融資の提供。
-洪水対策:排水設備や河川の堤防強化、都市型洪水への対応強化。

緊急時の対応力向上
-避難訓練:地域ごとに定期的な避難訓練を実施し、防災意識の向上。
-防災教育:学校や地域コミュニティでの防災教育プログラムの充実。

デジタルインフラの整備
-スマートシティ:IoTやAI技術を活用し、リアルタイムでの災害情報の収集・分析を行うシステムの導入。

PR

2. 東京都を国家の自立の中心都市へ (自虐史観教育の廃止)

教育改革
-歴史教育の見直し:日本の文化や歴史を正しく伝える教育内容の充実。
-愛国心教育:バランスの取れた愛国心を育む教育プログラムの導入。

3. 大麻の用途限定解禁へ

法的枠組みの整備
-用途限定解禁:医療および産業用途に限定して大麻の使用を認可する。
-研究推進:大麻の医療効果や産業利用に関する研究を進め、その結果に基づいた規制を導入。

スポンサーリンク

4. 都民への減税

税制改革
-住民税の見直し:効率的な財政運営を通じて住民税の減税を図る。
-中小企業支援:中小企業に対する税制優遇措置の強化。

5. ソーラーパネル義務化廃止と縮小

エネルギー政策の見直し
-多様なエネルギー源の活用:風力、地熱、水力など多様な再生可能エネルギーを推進し、エネルギーの多様化を図る。
-選択の自由:ソーラーパネルの設置を義務化せず、個人や企業の選択に委ねる。

PR

6. 外国人への生活保護や補助金の見直し

公平な支援の再評価
-支援基準の統一:外国人への生活保護や補助金の支給基準を日本国民と同様に見直し、公平な支援を行う。
-自立支援:外国人が自立できるよう、職業訓練や日本語教育のプログラムを強化。

7. パンデミック条約やワクチン強制とLGBTに反対

健康と人権のバランス
-ワクチン接種の自由:ワクチン接種の強制を避け、個人の選択を尊重する。
-包括的な健康対策:パンデミック対策としてワクチン以外の予防策や治療法の開発・普及を進める。
-LGBTQ+への対応:LGBTQ+コミュニティに対する理解と尊重を重視し、社会的な対話を促進する。

これらの公約は、東京都の未来を大きく左右する可能性があり、市民の関心を集めています。それぞれの政策が具体的にどのように実行されるのか、その詳細と実現可能性についても注視が必要です。

スポンサーリンク
おすすめの記事